肝臓機能を計る数値でALTって何?

肝臓機能を計る数値でALTって何?

altとは、肝臓を構成する肝細胞に存在している酵素のことです。肝細胞が破壊されると、血液中に逸脱するため、この数値が上昇を示すと、肝細胞が破壊されたり異化していることを表します。主に、肝臓の疾患で用いられる数値です。
また、ALTは、ASTと大きく関わるため、同時に数値を見ることが多いです。
ASTとは、肝細胞や筋細胞、赤血球に含まれています。この数値が上昇を示すと、肝細胞、筋細胞、赤血球などの破壊の程度を知ることが出来ます。
慢性肝炎の場合は、ASTよりもALTが高値を示します。一方、肝硬変ではALTよりもASTが高値を示します。どちらも上昇を示している場合、急性肝炎や劇症肝炎などが考えられます。他に、アルコール性脂肪肝、胆汁うっ滞、筋ジストロフィー、心筋梗塞などでも上昇を示します。
肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれていることもあり、細胞が破壊されていても自覚症状が全くないという場合があります。そのため、血液検査を行って、どのような疾患にり患しているか、進行はどの程度かなどを推測し、治療後の経過を見るときにも用いられます。
検査結果に関して不安な点などがあれば、かかりつけ医に相談することをお勧めします。
肝機能の回復を促すための対策も考えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ